匿名加害者からのクソリプ対策ラベリング



曲作りのカギはDMN脳の活性にあり!
志村どうぶつ園は永遠不滅です!



「早く言ってよぉ」的なオリジナル曲の作り方ノート 一覧


0.はじめに~「キモい」の壁を超えていく
1.なぜ今、オリジナル曲なのか
2.オリジナル曲は作詞作曲DTM
3.作詞・作曲のポイント
4.それでも敢えてコード進行先行で曲を作るには
5.オリジナル曲を聞いてもらうための作詞講座
6.重ね合わせる?!早く言ってよ的マスタリング!
7.歌を鍛えるための個人的Tips
8.匿名加害者からのクソリプ対策ラベリング
9.作詞作曲のためのDMN活性方法(作文中)

8.匿名加害者からのクソリプ対策ラベリング

8-1.最近騒がれ始めた「クソリプ」とは?


 
 最近騒がれ始めた”クソリプ”。つまり風評被害をまき散らすリプライ(返信)のことですが、皆さんご存知でしょうか。

 人に聴いてもらわなければ意味がないオリジナル曲にとって、匿名加害者による風評被害対策はとても重要です。これはネット上で横行する「名無し」による集団いじめに対しても同じです。クソリプ対応策を共有し、連携して彼らを潰すことは社会的正義です。連載シリーズとしてはちょっと脱線しちゃいますが、お許しください。

この連載のTOPでも書いたように、オリジナル曲を自分で歌って晒すことは、非常に勇気がいること。「キモい」といわれて当然の行為です。それを乗り越えるためのトライアンドエラーの過程で、必ず遭遇するのは、「匿名の第三者との葛藤」です。

まぁ、ある程度罵声=クソリプを浴びるのは当然やむを得ないわけですが、それにしても仮想空間には駅前広場がほとんどありません。自分の曲を聴いてもらうのもバトルのうちです。

ですから作品を発表していく中で、匿名の第三者との葛藤が発生しないことは、まずもってほとんどありません。ニュースにもなっていましたが、街頭で歌を歌っていたアーティストからCDを買って、目の前でたたき割るという人間が問題になりました。正直に言えばネットでは日常茶飯事です。だって、僕らは仮想の街頭で、いきなり「歌を聴いて!」って言ってるわけですから。

それでも、そのCDを叩き割る輩を乗り越えて突き進む覚悟が、僕等には必要なのです。僕らの作った音楽を聴いてもらうためには。

 そんな僕の、そして皆さんのための匿名加害者からのクソリプ対策テクニックとして、ラベリングを提案します。ラベリングとは、犯罪者を分類し廃除する手法の事です。

ネットですでに誹謗中傷を受けている人にもしも参考になったら、そんなにうれしいことはありません。

(追伸)
 今回、青葉真司による京都アニメーション放火事件が世界にショックを与えました。自身では何一つ作品を作りだす能力もなく、あげく、嫉妬し35人もの優秀なクリエイターの命を奪った妖怪、「青葉真司」。みなさんご存知の通り、青葉こそ匿名加害厨の氷山の一角なのです。匿名との戦いは、もはや社会の聖戦です。彼らを封じ込める、吊るし上げることで、未然に社会の脅威を排除できるかもしれません。彼らもいきなりテロは起こしません。とにかく妖怪を“無敵“にすることがダメなのです。毅然と戦いましょう。放置しすぎたのです。彼らを。



以下、今回の話をまとめました 

 ・僕が受けた匿名加害者からの被害の事例
 ・参考にしてください。匿名加害者を分類した12のラベル。
 ・名無し対策は極力短いレスで。ラベリングの有効活用を
 ・真性犯罪者集団「生き物苦手板」匿名加害者たちを分類する



8-2.僕が受けた匿名加害者からの被害の事例



 僕は長年、複数の匿名の人物から誹謗中傷を受けています。ただのクソリプならまだしも・・・なんですが
 最近まで数名に、異常なまでに粘着されていたのですが、実はそれにはある目的があったのです。

 これはクリエイターならではの特殊な事例です。要するに作品自体の横取りが目的だったのです。以下の図をご覧ください。


 

 スマホだと見えにくいかもしれませんね。以下もう一度書き出してみます。

 ・橋谷彰英が自作曲を投稿
 ・匿名加害者(HIDE)が自ら橋谷彰英の共同制作者であるとのデマを流布
 ・橋谷彰英が自作曲であることの証明を開始(つまりこの連載の事です)
 ・HIDEおよびHIDEのなりすまし、他複数の匿名者が橋谷の風評被害を展開。同時に「橋谷」の名前の自主放棄を促す
 ・HIDEが橋谷の個人情報の公開をほのめかしながら「橋谷」の名前の自主放棄を重ねて要求。
 ・橋谷が名前を放棄したところで、HIDEが共同制作者と偽り名乗り出ることで楽曲の搾取を計画。荒唐無稽な作戦のため当然失敗する。

実際、某有名匿名掲示板には、「HIDE」と名乗る人物の記名(いわゆるコテハンといいます)が山のようにあります。この「HIDE」とは、実は芸名ではない僕の本名に由来する隠語です。(詳しくは申し上げられませんが)

実害が発生すれば当然司法に訴えるつもりです。しかしこれは僕だけに起こりうることとは、とても思えません。クソリプもこのような使われ方をすればれっきとした犯罪。僕らは芸名やハンドルネームというバリア無しに活動などできる訳がないのです。音楽を生業とするクリエイターの皆さん。明日は我が身です。



8-3.参考にしてください。匿名加害者を分類した12+1のラベル。



僕のように、匿名加害厨と戦わなくてはならない場合があります。黙っていたら、愛する自分の曲を盗み取られる危険さえあるからです。今回の事で僕が黙って傍観していたら、間違いなくそういうことになっていたでしょう。

 だから聞いてください。このラベルを使って、超短いレスでいいから、定期的に奴らに反撃してください。あなたの大事な曲を盗まれないために。このラベルは自由に使って結構です。敵のクソコメントに、このラベルをアンカーで貼り付けてやれば十分です。

 ラベリングの目的は、相手を決めつけたカテゴリーにはめて、バッサリ切り捨てることにあります。本来は匿名集団のほうがやる卑怯な手口です。奴らはこの手法を用いてたった一人のターゲットを集団で襲い、人的尊厳を奪おうとします。

 襲い掛かってくる奴らに、次々にラベルを貼り返して切り捨ててください。兵長のように。奴らに個性など必要ありません。すでに巨人と化してます。


 

 0. 青葉厨(あおばちゅう)
 
 
 クリエイターに特化して噛みついてくる異常者の総称です。もちろん「青葉真司予備軍」のことを指しています。
 青葉厨は以下のように定義します。
■自分自身では一次創作をする能力を持っていない
■クリエイターに対して嫉妬し、執拗にネット上での誹謗中傷を繰り返す
■重症の場合、脳内思考盗聴という被害妄想を発症し、クリエイターに対し盗作疑惑を展開する
■テロを起こしても、失う未来も、失う作品も持ち合わせていない。人間爆弾。



 1. 烈照厨(れってるちゅう)
 
 
 レッテル=ラベリングのことです。前述の通りラベリングはそもそも匿名加害厨の常とう手段です。事実無根のイメージをコミュニティー内の第三者に刷り込む行為です。たとえばあなたを「ホモである」「生活保護者である」などです。集団の力を使い既成事実にしてしまおうとする奴ら。いつの時代もいます。戦いましょう。

分析の結果、以下の5パターンで応戦します。

【1】肝肝烈照厨
  気色悪い投稿を連投した後あたかも
  あなたが同類人種であるかのように
  刷り込む手法※この手法を繰り返す
  相手はおそらく一般人ではありません。
  ご注意を。

【2】ナマポ烈照厨
  生活保護受給者であるかように他人に
  刷り込む孤独死予備軍、ひきこもりなど
  と卑劣なことを連呼します。実際不幸に
  もそのような境遇に置かれている方々に
  とっては由々しき揶揄です

【3】童貞烈照厨
  異性経験がない人であるかのごとく刷
  り込む。実際不幸にもそのような境遇に
  置かれている方々にとっては由々しき
  揶揄です

【4】オタク烈照厨
  オタク趣味であるかのごとく刷り込む
  エロエロ萌え萌えじゃなけりゃ、いい
  だけw音楽だってある意味オタク趣味
  ですからw

【5】偽マウント烈照厨
  意味不明な「図星」を連発しマウント
  を取る手法

 もちろんラベリングは卑劣な行為ですが、匿名加害厨のワンパターン攻撃へは、「目には目を、歯には歯を」です。ラベリングを仕掛けてくる犯罪者に同じ手法で迎え撃ちましょう。

 2. 九官厨(きゅうかんちゅう)
 
 
 九官鳥には誠に失礼で申し訳ありませんが、鸚鵡返しや何かのコピペ、使い古しの言い回ししかしない匿名加害厨のことを「九官厨」といいます。基本的に創造性に欠ける、かなり知能が低い敵に使います。使用頻度は高いかもしれません。うざいやつに貼りつけましょう。

 3. 文厨(ぶんちゅう)
 
 
 これまた文鳥には大変失礼なのですが、匿名加害厨の中には、なにやら立派な作文をつくっておちょくってくる輩がいます。時にはラップのように、時にはドキュメント番組のナレーターのように。時には映画のトレーラートラックのように。
 このオタク臭プンプンの敵の事を「文厨」といいます。前述のHIDEは典型的な「文厨」です。こちらを誹謗中傷しながら、自分の知識をひけらかしたいという、ガチなオタクです。長い話に付き合わず、一言「文厨」というラベルを差し上げましょう。

 4. 成済厨(せいさいちゅう)
 
 
 ようするに「なりすまし」ばかりする犯罪者です。
 勝手に僕の名前を騙り、あたかも僕が発言しているかのように平気で書きます。たとえば、僕が相手のアジりを無視して黙っていると、勝手に「悔しい!訴えてやる」とか、あたかも僕が腹を立てて発言したように見せかけて書いてきます。
 この敵も知能指数は相当低いですが、こういうバカがいるので匿名掲示板で自らコテハンをつけて発言することはひかえるべきです。かならず成済厨がニセモノの自分となって発言を繰り返しますから。こういうバカがでてきたら即座に「成済厨」のラベルをはりましょう。

 5. 挙脚厨(きょきゃくちゅう)
 
 
 非常に理屈っぽい匿名犯罪者です。ようするにアゲアシトリです。理論の話をしたがり、しきりに誘導してきます。理屈のあなを何とか探して理詰めでやり込めようとしてくるので、基本は無視するべきですが、たまにIDを切り替えて「成済厨」にもなり、なんとか引きずり込もうとするので用心が必要です。とにかくこの敵には「挙脚厨」のラベルを貼り続け無視し続けることをお勧めします。
 また、「挙脚厨」はスパイである可能性が十分高いのでお気を付けください。なお、この敵の口癖は「お前は勝手に無敵になってる・・」です。

 6. デマ鹿厨(でましかちゅう)
 
 
 前述の「烈照厨」とは違い、唐突なウソを突然挟んでくる支離滅裂系のほら吹きがこのタイプです。知識量が極端に少なく(おそらくかなり年少者ではないでしょうか)荒唐無稽なウソが多いため、見ている人たちは気付きやすいですが、煩わしいです。無視していても問題はありませんが、またしても「成済厨」に変化する場合がありますので、その時は対応が必要になります。

 7. 鼠ヶ厨(ねずみがちゅう)
 
 
 一番許せない輩です。クリエイターにとっては、もはや刑事事件クラスの加害厨です。

 何しろ勝手に人の曲を盗作呼ばわりしたり、勝手に共同制作者のフリをしたりする悪党です。例えば、絵を描く人とかでもこういう被害にあう人がいるそうです。こういう人間がいる事に驚きを隠せません。ひょっとすると相手はカタギではない可能性もあります。

 この輩には長いことてこずりましたが、僕の場合はしっかりとみんなに見てもらえる(このメディア)ができたことで、自作曲であることの証明が継続的にできるようになり、安心しています。

 もしもあなたをターゲットとした「鼠ヶ厨」が出没したときは、互いに一致団結して協力し合いましょう。今、このタイプの加害厨対策のために共同戦線を張るべくひそかに動いています。もしも僕と同じような被害に遭われている方がいたら、Facebookまでご一報ください。助太刀します。

 8. 虎威厨(とらいちゅう)
 
 
 少し寂しい匿名加害厨です。仮想空間で人はなりたい人間になれるのでしょうか。「虎威厨」はまさに虎の威を借る評論家タイプの加害厨です。あなたの作品を業界の大物が上から目線で辛口評論してくれますが・・・真偽のほどは誠に不確かですw。ある意味さほど有害ではありませんが、しつこく付きまとうようならば犯人に「虎威厨」のラベルを張りましょう。

 9. 肝肝厨(きもきもちゅう)
 
 
 この加害厨は「肝肝烈照厨」とほとんど同義です。おそらくカタギではない匿名加害厨です。突然下劣でおぞましい内容をレスに膨大に書きこんで、あなたも同類の変態であるように見せかけるという手段です。気を付けてください。
 内容は男色(ホモ)だったり、超下品な下ネタだったり。AA(アスキーアート)と呼ばれるテキストで打つ絵を描いてくる変態もいます。放置しておくとあなたも同類と誤解されますので、早めに敵は「肝肝厨」「肝肝烈照厨」であるとコミュニティに宣言して、自分を防衛してください。

 10. 貝殻厨(かいがらちゅう)
 
 
 結構寂しい匿名加害厨です。自分の世界に閉じこもり、妬みのようなことをネチネチと言って来ます。「烈照厨」とはちがい、攻撃的ではない決めつけをしてきます。本当のところかなり無害ですが、しつこくなってくる場合がありますので、要らぬ同情は不要と心がけましょう。縁を切りたい場合は「貝殻厨」と言ってあげましょう。

 11. 終劇厨(しゅうげきちゅう)
 
 
 殺伐とした場をオアシスに変える、一種のお笑い系匿名加害厨です。捨て台詞は「これで最後にするが・・・」です。こやつは「最後にする、最後にする。」と言いながら、一向に最後にすることはありません。存在そのものがギャグマンガのような彼に、親しみを込めて「終劇厨」とラベリングして差し上げましょう。

 12. 奇声厨(きせいちゅう)
 
 
 信じられないでしょうが、読んで字のごとく、匿名掲示板で奇声を上げ続ける輩がいます。きわめて意味不明で気持ちが悪いし、対処のしようがありません。ラベリングが意味をなさない可能性はありますが、これしか対策がありません。


8-4.名無し対策は極力短いレスで。ラベリングの有効活用を


 このように、僕が実際に受けた被害をもとに分析した、(匿名加害者=名無し)の特徴を12+1個のラベルで表現してみました。何のためにこのようなことをしたかというと、前述の通り、彼らの特徴を共有し、ラベリングすることで排除するテクニックを確立したかったからです。

 この12+1のラベリングは、匿名加害者から身を守る目的に限り自由にお使いください。

 活用方法はズバリ、彼らが良く使う方法と同じ。
 彼らに一言でラベルを張り返すだけです。ほぼそれだけでこちらのレスを終えることです。
 たとえば、こんな感じです。
 ________
 234
 お前みたいに売れないミュージシャンは
 末は青葉真司のように
 テロを起こすに違いないwww
 ________
 235
 >>234 (←アンカーといいます)
 お前のような人間を「青葉厨」と言うんだ
 作品を何一つ作らず
 ヘイトやネガキャンをする人間を
 青葉厨という
 ________

 本当に開いた口がふさがらない加害厨どもの手口。とてもカタギの人間のやる行為とは信じがたいです。だが、確実に奴らは存在します。いつあなたに襲い掛かるかわかりませんので、くれぐれもご注意を。

 彼らは基本的に攻撃対象を頭に来させ、次の攻撃のための隙となる情報をこちらが頭にきてしゃべらないかと狙っています。彼らは人をイラつかせることだけに全力を注ぐヒマ人です。確かに頭に来ます。でもこの手に乗るのが一番最悪なんです。ぐっとこらえて彼らに余計な個人情報を一切渡さないことが極めて大事です。渡した情報をもとに根も葉もないうわさを作り、人数をかけて拡散させるのです。

逆に何もしゃべってないのに敵が個人情報を知っているということは、まさに犯人がそういう人物(つまりリアルを知っている)だということになります。また、Facebookなどを一生懸命調べて食らいついてくる場合もあります。あまりにも酷い場合は、刑事事件として専門家に相談する必要が出てくるでしょう。とにかく彼らには情報を渡さない。そのためには極端に短いレスで反撃しましょう。ぜひ、ラベルをご活用ください。

 この国の匿名暴力は目に余るものがあります。それは長きにわたり「名無し」を野放しにしてきた私たちの責任です。それこそが日本の陰湿なイジメの温床になっていることは間違いありません。

 前述の通り、オリジナル曲を作り発表する者にとって、自らの権利を守るために「名無し」と戦う必要に迫られる場面は、必ず出て来ます。寧ろ、匿名暴力とのバランスをとることで、従来のエンタメは秩序と権力を得ていたのかも知れません。

昨今、声高に言われているとおり、某動画SNSの凋落が示している傾向はまさしく、名無し=匿名加害者のパワーの衰退を示しています。最低でもHNやアカウントがなければ、時代はその発言を抹殺する方向に向かおうとしています。もう一押しなのです。

 匿名加害者の完全排除は、僕らクリエイターが自由を得るために重要です。いつまでもこのままでいいですか?自由が欲しくありませんか?あなたの曲を卑劣な連中に奪われていいですか?

ならば徹底的に匿名集団暴力と戦いましょう。僕らは手をつなぐことだってできるのですから。今、手をつなぐための準備を着々と進行しています。近い将来お話しできるよう頑張りたいと思います。


8-5.真性犯罪者集団「生き物苦手板」匿名加害者たちを分類する


 さて、皆さんは匿名掲示板5ちゃんねるの悪名高いスレ「生き物苦手板」をご存知でしょうか。

 この「生き物苦手板」は動物虐待犯罪者たちがクレイジーな発言を繰り返し、あまつさえ次世代の犯罪者をリクルーティングしようとして躍起になっているとんでもない板です。法治国家日本にあって、なぜこの板が強制的に閉鎖されないのか誰しもが疑問を感じており、5ちゃんねる運営も同罪。全く理解できません。実際閉鎖のための署名に5万人近くが賛同しているのが事実です。

 この板ではすでに逮捕され、大々的に報道された動物虐待犯罪者を含める精神異常者たちが、異常な行動をあたかも世間の常識のように嬉々として語っているのです。ある意味リアルに狂人を体験できるファームでもありますが、そんな悠長なことは言っていられません。

 「生き物苦手板」の狂人たちは「黒ムツ」と呼ばれ、この中でも既に逮捕された犯罪者たちのことは「黒虹を渡った・・・」黒ムツと呼ばれています。そして既に犯罪を繰り返しているがまだ逮捕されていない狂人もいれば、まだ犯罪に手を染めていないが動物虐待に興味を持っている人格異常者たちも集まってきています。つまり動物虐待犯罪の温床なのです。

 私たちはこの板の即時閉鎖を心の底から望んでいます。しかし、もしもこの板が閉鎖されないなら、動物たちのために攻撃しないわけにはいきません。そのために考えた黒ムツたちのラベリングをここで提案します。もしも賛同いただけたらどのような形でも結構です。彼らの暴走を阻止するためにご助力いただけたら幸いです。


 

 1. 叔父ムツ(おじむつ)
 
   既に動物虐待罪で黒虹を渡り終えた立派な犯罪者が、ネットに社会復帰できると信じて不埒にも書き込みを続ける黒ムツ。彼らは罪を償ったとしてるが、ネットに復帰するなど更生が見られないと見なされて当然。

 2. びびりムツ
 
   特に毒餌を定食配膳とかぬかす卑怯ものが、通報逮捕と聞くと躍起になって法律や化学知識を動員して慌てふためく哀れな黒ムツ。卑怯な毒盛りも動物虐待認定。立派な犯罪です。

 3. いんせるぽるのムツ
 
   そもそもそっちのほうでも立派な変態の黒ムツ。欲求不満の塊。例えば5ちゃん広告のエロマンガを描いてるか読み漁ってるような、異臭漂う黒ムツ。

 4. 語りムツ(かたりむつ)
 
   虐待現場を語り始める奇っ怪な妖怪野郎。妄想か実行犯か見分けが付きにくく、見かけたら必ずtwitter拡散&通報するべき凶悪な黒ムツ。

 5. ヲたムツ
 
   ○○の虐待動画が見たい、虐待動画が好きとか、まことに気色悪いヲタな黒ムツ。

 6. 自己暗示ムツ(じこあんじむつ)
 
   攻撃者が自分と同じ悲惨な状況であると信じ込まないと、あるいは自分が作った妄想を信じないと明日を生きていけない哀れな黒ムツ。

 7. げてムツ
 
   生まれながらの障害により人知を超えたゲテモノ妄想を繰り広げる黒ムツ。

 8. ほらムツ
 
   ニセ情報を読み手が本気にすると信じ込んでる孤独で寂しい黒ムツ。

 9. 呪いムツ(のろいむつ)
 
   ブツブツと呪いのように不幸な妄想を押し付けてくる典型的黒ムツ。

 10. 逃げムツ(にげむつ)
 
   現実を、取り敢えず憎まれ口で逃避する、突けば崩壊するデリケートな黒ムツ。彼らの祈りはいつも届かず、現実と乖離するばかり。

 11. 草ムツ(くさむつ)
 
   能力が低いために、草を生やしたり音符を並べることで相手を苛つかせることができると信じてるガキな黒ムツ。

 12. 佐渡ヶムツ(さとがむつ)
 
   サドが過ぎるキチガイ黒ムツ。生まれながらの障害故に更生が効かず、社会のお荷物と言わざるをえない。

いかがでしょうか。彼ら真性の狂人たちからどうか動物たちを守ってください。下記の曲は黒ムツ撲滅のための同盟ソングです。お時間がありましたら。






「早く言ってよぉ」的なオリジナル曲の作り方ノート 一覧


0.はじめに~「キモい」の壁を超えていく
1.なぜ今、オリジナル曲なのか
2.オリジナル曲は作詞作曲DTM
3.作詞・作曲のポイント
4.それでも敢えてコード進行先行で曲を作るには
5.オリジナル曲を聞いてもらうための作詞講座
6.重ね合わせる?!早く言ってよ的マスタリング!
7.歌を鍛えるための個人的Tips
8.匿名加害者からのクソリプ対策ラベリング
9.作詞作曲のためのDMN活性方法(作文中)



twitter @samu_117 さんが立ち上げた署名です
皆さんぜひ協力しましょう!!!